年金制度のしくみ

加入期間20年未満かつ年金受給開始年齢未満で退職の嘱託・臨時職員がうける年金

加入員期間が20年未満かつ年金受給開始年齢未満で退職したときは
基本年金がうけられます

基本年金

※平成26年3月30日以前に退職して中途脱退者となった方は、年金をうける窓口が企業年金連合会となります。

受給開始年齢
受給開始年齢 支給元(請求先)
基本年金 生年月日に応じて60~65歳から
→受給開始年齢
日本赤十字社厚生年金基金
※平成26年3月30日以前退職の場合は企業年金連合会

在職中は年金額が調整されます

基本年金

・基本年金の給付額は「平成15年3月以前の加入員期間」と「平成15年4月以後の加入員期間」を合算した額です。

・基本年金の給付額は、国の厚生年金に準じて計算されますが、給付乗率(生年月日に応じた率)が厚生年金よりも有利に設計されており、日赤基金のほうが手厚くなっています。

・平成28年4月以降の期間分は厚生年金の代行を行っていないため、基金独自の基本上乗せ部分のみとなります。この期間の給付額については、国の厚生年金の額を差し引いて計算します。


①平成4年10月から平成15年3月までの期間分

②平成15年4月からの期間分

③平成28年4月からの国の厚生年金の額

※平均標準給与月額とは、平成4年10月から平成15年3月までの毎月の給与(標準給与月額)の平均額です。

※平均標準給与額とは、平成15年4月以後における毎月の給与(報酬標準給与月額)と賞与(賞与標準給与額)を合算した額の月あたりの平均額です。

ページトップへ