年金制度のしくみ

給付要件と給付の種類(正職員)

日赤基金の給付は基本部分と加算部分の給付があり加入期間によって異なります

日赤基金の給付は、国の厚生年金をベースとした「基本部分」と日赤基金独自の上乗せ給付である「加算部分」で構成されています。

基本年金は加入1ヵ月以上でうけられます

※平成26年3月30日以前に、加算対象期間15年未満で、国の年金の受給開始年齢に達する前に退職した人は、年金をうける窓口が企業年金連合会となります。

※将来分代行返上に伴い、平成28年4月以降の期間分は、厚生年金の代行は行っていません。平成28年4月以降に加入された方の基本年金は、基本上乗せ部分のみです。

加算年金は加算対象期間15年以上でうけられます

※短期間で退職された人で、「中途脱退者」に該当する場合は、脱退一時金相当額を他の企業年金制度に移換して、将来の年金につなげることもできます。

在職期間とうけられる給付のイメージ(正職員の場合)

在職期間とうけられる給付のイメージ

在職中に亡くなったときはご遺族に「遺族一時金」を支給

どんな給付がうけられるのか調べてみましょう

正職員の人(加算給付の対象者)
加算対象期間
(入社~退職)
15年未満
15年以上
加入員期間
(平成4年10月~退職)
20年未満
20年以上
退職時年齢
(国の年金の受給開始年齢に
達しているか)
達していない
達している
ページトップへ