日赤基金の財政

財政運営・年金資産運用のしくみ

財政運営のしくみ

日赤基金の財政は事前積立方式を原則とし将来の年金給付に備えています

安定的な財政運営を図るために毎年厳しく財政をチェックしています
5年に一度、財政再計算を行い積立計画を見直しています

年金資産運用のしくみ

年金資産運用のしくみ
資産構成割合

運用受託機関
区 分 名 称
信託銀行(3社) みずほ信託銀行株式会社(総幹事会社)
(パッシブ運用・特化型運用)
三菱UFJ信託銀行株式会社
(パッシブ運用・特化型運用)
三井住友信託銀行株式会社
(パッシブ運用・特化型運用)
投資顧問会社(3社) 大和住銀投信投資顧問株式会社
(特化型運用)
JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社
(特化型運用)
MFSインベストメント・マネジメント株式会社
(特化型運用)
生命保険会社(2社) 日本生命保険相互会社
(一般勘定)
富国生命保険相互会社
(一般勘定)

※1 パッシブ運用は、市場の平均的な動きに追従した収益の獲得を目標とする運用。

※2 特化型運用は、投資対象を特定の資産(例えば、国内株式のみ)に限定して、市場の平均を上回る収益の獲得を目標とする運用。

※3 一般勘定は、元本と一定の利益が保証されており(保証利率)、運用の結果次第では配当がある。

ページトップへ